プラットホームキャンプin2022

 こんにちは!新型コロナウイルスの感染が落ち着き始めたと思ったらまた感染が拡大し始めましたね。早く収束して、子どもたちと一緒に新型コロナウイルスを気にせず全力で遊べるようになってほしいものです。

 さて、今回は8月19日・20日に青少年国際交流センターにて、例年より少し短い一泊二日のキャンプを行いました!そのため、1日ずつ順を追ってその日の様子お伝えしていきたいと思います!


1日目(8月19日)

 お昼前に子どもたちが続々と到着し、参加者全員が集まってからキャンプの開会式が行われました。その後、お昼ご飯を食べてしばらく遊んでから、加太海水浴場へ向かい、海遊びをしました!

 海遊びでは、水鉄砲や水風船を使って遊んだり、浮き輪に乗って海の上を浮かんだりとみんないろいろな遊びをしていました!子どもたちや学生がとても楽しそうに遊び、水を掛け合うこともあり、年齢関係無く羽を伸ばしている様子が見られました。

 海遊びが終わり、帰ってきた後は施設内で夜店を開きました!

 夜店は的当て・スーパーボールすくい・もぐらたたきの3種類を用意しました!どの夜店にもたくさんの子どもたちが来て、楽しんでいる様子が多く見られました。景品でお菓子を貰って喜んでいる子や必死にすーぱボールを救おうとしている子など楽しむ姿勢は違っても、全力で楽しんでいる様子が見られました。

 夜店が終わった後は晩御飯にカレーを作って食べました!みんなおいしそうに食べていて、食べ終わった後には雑談に花を咲かせていました。

 晩御飯の後にはみんなで花火大会を開きました!子どもたちも学生たちも花火に夢中で楽しみ、花火大会中は暗い夜の中にカラフルな光が光ってとても綺麗でした!花火に火をつける時に少し驚いている子もいましたが最後には慣れ、笑顔で花火を見て楽しんでいました。

 花火大会の後は映画鑑賞や星空を見たりして、自由時間を過ごした後就寝し、1日目は終了しました。


2日目(8月20日)

 2日目は起床してからラジオ体操をしました!朝でも元気いっぱいな子どもたちに驚きながらも学生たちに元気を与えてくれました!

 朝ご飯をすました後は、工作イベントでうちわを作りました。子どもたちが悩みながらも精一杯アイデアを閃いてペンを片手にうちわを作成していました。

 うちわづくりの後、昼ご飯はうどんを食べました!キャンプ終盤なこともあり、学生や子どもたちは積極的にいろんな子と会話をして、最後の時間を楽しんでいるようでした。

 昼ご飯の後、閉会式が開かれ、今回のキャンプは終了しました。久しぶりのキャンプ行事ということもありましたが、保護者の皆様や協力していただいた人たちのおかげで無事に終えることが出来ました!本当にありがとうございました!

 次回の行事は10月に開催する予定です。楽しい行事にしたいと学生一同思っておりますので、皆様の参加を心よりお待ちしています!



最新記事
アーカイブ